顕微鏡やマイクロスコープを販売する業者|専門機器もカンタン購入

工夫する為に

材料試験の概要と主な注意点

製造工程によってつくり出された製品や、製品の材料となる素材は、一般的に実用性や機能性に関するテストを受けるケースが多くあります。そうしたテストの中の1種に、材料試験と呼ばれるものがあります。 材料試験とは文字通り、製品の材料となる素材段階へのテストの事を指しています。一般的には金属やコンクリート、プラスチックなどの未成型素材に対して、伸縮、曲げ伸ばし、ひねり等といった動作や、変質の原因となり得る化学薬品などを加える事で、その強度や柔軟性ほか特性を図るために行われます。 こうした材料試験では、材料としての厳密な特徴を測定するために、測定対象となる素材の変質を避けてテストが行われる様にする必要性が挙げられています。 また部分的な破片を試験片とするケースでは、既定の形状やサイズを守る事が必要とされています。

試験における基本とされる工夫

材料試験では様々な角度からの安全性や強度を示せる様にした方が、製品化に活用する上でも良いと言えます。そうしたテストにおける主な工夫として、いくつかの点が挙げられています。 基本となるポイントとして、試験片数の豊富さと向きの調節が挙げられます。サンプルデータの数が多くなればそれだけ、テスト内容に応じた強度の正確なデータが得やすくなります。 また、素材によっては破片の向きによって、成分や繊維の構造に違いがあるケースが多いため、切り出した破片の向きを把握しておく事によって耐久力ベクトルの向きを知る事も可能とされます。 この他、材料試験では素材自体の状態だけで無く、周囲の環境をより実用環境に近付ける必要性があるという点などが、効果的な工夫として挙げられています。