顕微鏡やマイクロスコープを販売する業者|専門機器もカンタン購入

豊富な種類

光学顕微鏡には、どんな種類があるか

光学顕微鏡とは、複数のレンズの組み合わせにより、光の持つ性質を利用し、微小な物体を肉眼で見えるようにするものです。光学顕微鏡には、実体顕微鏡と生物顕微鏡の二種類があります。実体顕微鏡は、主に工場や研究所などて使用されることが多いです。比較的倍率が低く、双眼タイプが多いです。生物顕微鏡は、生物学や医学分野で使用されることが多いです。動植物などの細胞の薄片サンプルをスライドグラスにのせて観察するタイプです。倍率が高いものが多いですが、観察するサンプルに応じて倍率を選ぶようにしましょう。最近は、専門の販売サイトも多数あります。そういった販売サイトなどでも、適切な選び方などをアドバイスしてくれる親切なところもあります。使用する目的や何を観察するために購入するのか、そういった点を考慮して選ぶようにしましょう。

授業やレポート作成に活躍する最新機種

顕微鏡写真を撮って、レポート作成や授業に役立てたいと考えている方は多数いることと思います。そんな方には、デジタルカメラと一体化し、コンピュータを使って画像データを操作できるデジタル顕微鏡をお勧めします。顕微鏡写真をデジタルカメラなどで撮影することは、以前から行われていましたが、顕微鏡とカメラのそれぞれのピントを合わせなければならず、面倒な手間がかかっていました。また、専用のアダプタも必要でした。それが一体化することで手軽に写真の撮影や画像データの二次利用が可能になりました。また、撮影した画像をコンピュータに取り込んでレポート作成に利用したり、テレビなどに接続して授業にも使うことができます。取り込んだ画像をデータ加工したり、画面上で測定する機能も付いているので便利です。詳しくは、販売サイトや販売店で尋ねてみてください。