顕微鏡やマイクロスコープを販売する業者|専門機器もカンタン購入

特殊な機械

スペクトラムアナライザの測定環境は誤った接続などがないように十分注意して行なう事が大切です。

スペクトラムアナライザは、測定したい電気信号の中にどのような周期信号がどれだけの割合で含まれているかをリアルタイムに測定するために開発された計測機器です。 スペクトラムアナライザは、電気信号を直接計測機器に接続して利用します。そのため、被測定回路との間は正しい回路信号との接続が必要になります。 また、電気回路との間の接続ではグランド信号を正しく接続設定しておかないと、計測機器と被計測回路との間に誤った電位差が生じてしまい、電流が逆に流れてしまう等の事故につながる事があります。 スペクトラムアナライザでは、正しい測定設定を行わないと計測結果に雑信号が混入してしまうなど、正しい測定結果を得る事ができない場合があります。 電気回路系の測定、特にスペクトラムアナライザの測定時には、必ず測定経験のある技術者や測定知識のある技術者の同席のもとで作業を行う事が必要です。

パソコンによる周波数特性の簡易測定は、手軽で非常に利便性の高い環境です。

スペクトラムアナライザは、非常に精度の高い計測を行う事ができますが、計測専門の高額機器であるため、個人が気軽に購入できるような機器ではありません。 そこで、パソコンとスペクトラムアナライザ用ソフトウェア、それにUSBインターフェイス機器を用いて、簡易的なスペクトラムアナライザを構築するのも一策です。 従来のパソコンは、電子基板の回路設計技術がさほど高くなかったため、デジタルデータの通信に伴う矩形波の発生によってノイズが生じたり、電源回路からのノイズが影響して、スペクトラムアナライザとして利用するには不向きな状況でした。 ところが、現在のパソコン設計、製造技術の進化とともにこれらの問題は大幅に解消され、簡易的な測定であればパソコンでも代用できるようになってきました。 電気信号を取りこむためにUSBインターフェイスを外部に設け、信号処理演算とグラフ表示をパソコンで行なう事で、高額なスペクトラムアナライザの簡易的な代替機器として利用する事もできます。 技術者にとって、急きょ測定が必要になる場合などもあるため、パソコンによる代替測定が可能なのは非常に有益です。